半身浴で毒素を排出

半身浴って一度は聞いたことがありますよね。この半身浴というのは名前の通り、胸から下だけを少し温かめのお湯に長めにつかることを言います。体温より少し熱い37〜38度のお湯に20分ぐらいつかると、だんだん体の芯から温まって汗が出てきます。半身浴で20分くらい浴槽に浸かっていると、熱いお風呂に入った後のように湯冷めしにくく、冷え性にも効果があります。 でも、半身欲がどうしてダイエットに効果があるのでしょうか?冷え性の人や、体の冷えが続いてしまうときなどは、様々な病気の原因になってしまいます。体が冷えれば代謝が悪くなり、体内に毒素が徐々にたまっていってしまいます。 この毒素がたまると身体の代謝が悪くなるので、ダイエットに大きなブレーキをかけてしまうことになるのです。この体内にたまってしまいがちな毒素を出すのが、半身浴の大きな効果の1つです。

効果的な半身浴の方法

毒素を出すのは安上がりなダイエット方法とだと言われています。ただ、ストーブ、こたつなどの暖房器具では、体の一部は暖まっても内部までは暖まらないため、体内毒素は出ません。毒素を排出するという点では、半身浴はとても効率的な方法です。

  1. まず浴槽に湯を入れます。お湯の量は、いつもよりも少なめ、湯船の半分より少し上あたりまでです。
  2. 温度は38度くらいに設定します。冬場やお風呂場が寒い場合はもう少し暖かくします。
  3. 浴槽に入ります。お風呂のいすを湯船の中に入れて座りながら入るのも楽ですよ。ちょうど胸から上がお湯につからないように入ります。両手は入れないようにします。
  4. 慣れないと上半身が少し寒く感じるかもしれませんので、寒い時は30秒ぐらい肩までつかります。そしてまた胸より上を出します。
  5. この状態で20〜30分つかりましょう。浴槽にお風呂のふたを敷くなどして、雑誌でも読みながらリラックスして入ると楽しい半身浴タイムになります。