肥満が原因で起こる病気はこんなにたくさん

体重が1kg増えると,毛細血管は3kmも伸びます。3kmといえば徒歩で約1時間程かかる距離です。毛細血管は何故そのように長くなるのでしょうか?脂肪細胞も酸素と栄養供給を受けて老廃物を出さなくてはいけないため、血管が脂肪細胞を立体的に取り囲まなければならないからです。太って体重が増えるとそれに伴って血管の長さも立体的にかなり伸びることになり、またこのように伸びた血管を心臓がつかさどるので、心臓は負担を受けるようになるのです。また肥満は体重の増加によって腰、膝などの関節部を圧迫し、関節炎などを引き起こしたりもします。 体重が増えると、増えた分だけ心臓は体全体に今までより多くの血液を送らなければなりません。正常な人の場合運動をしたり、動く時に多くの酸素や栄養分、そして老廃物を運搬するために多量の血液循環をしなければなりませんが、肥満の人は体重が重い分、それに比例して負担が大きくなるのは当たり前のことだと言えます。

脈拍が1分間に70回程である人の場合、心臓が一日に運搬する血液は8t以上にもなるのですが、体重が重い人は心臓の本来の能力より多くの仕事をするようになるので心臓に多くの負担がかかってしまいます。それによって心臓病、高血圧など各種の心臓系疾患が多く生じる原因となるのです。 また太るようになると、血液中に脂肪が増えるいわゆる高脂血の症状が出てくるのですが、この高脂血症は,脳下垂体や甲状腺は勿論のこと、エネルギー代謝、ホルモンにまでも悪い影響を与えて、生理異常、糖尿病等を生じさせ、特に女性の場合には子宮癌や乳癌、子宮筋腫などの疾患まで引き起こすほど肥満は本当にこわい病気なのです。

このように肥満は多くの病気を引き起こす要因となるのですが、まとめると次のようになります。

心 疾 患
心臓の血管がつまり、正常に働かなくなる。肥満者は正常者の約2倍の発生率。
高 血 圧
体重が1.5倍増えると、血管は1.5倍伸びる。肥満者は正常者の約3.5倍の発生率。
動 脈 硬 化
血管が硬くなり、伸び縮みしなくなる。
脂 肪 肝
丈夫で長もちの肝臓にも脂肪がたまる。肥満度50%以上の人の10人に6人。
胆 石
肥満、美食と関連。胆のう炎、胆のうガンの原因になる。
通 風
足の親指のつけ根に激しい痛み。肥満者は正常者の約2.5倍の発生率。
変形性関節炎
膝にかかる負担は体重の4〜7倍。肥満者は正常者の約1.5倍の発生率。
不妊症、子宮ガン
肥満は、生理異常、妊娠中毒症、子宮ガン、卵巣ガンの発生との関係が深い。
 不妊症の発生率は、正常者の約2.5倍、生まれた子供の死亡率は約2倍。
腎 傷 害
腎臓の動脈が硬化し、肝腎(肝心)要の臓器が働かなくなる。
 腎不全、尿毒症の原因になる。
糖 尿 病
遺伝性が強く、肥満、美食が引き金に。肥満者は正常者の約5倍の発生率。
乳 ガ ン
欧米女性のガン死原因第一位。日本でも食生活の欧米化で急激に増加。
睡眠時無呼吸症候群
心臓、気道、食道などのまわりに脂肪が付いて肺を圧迫し、呼吸に傷害。
 睡眠時の突然死の原因になる。