食べる順番を変えて摂取カロリーを抑える

同じメニュー、同じ量の食事を摂るにしても、摂取する順番によって太りやすかったり、太りにくくかったりします。太りにくい食べ方のポイントは、甘いものやごはんなどの炭水化物を多く含んだものをできるだけ後回しにして、サラダや副菜など食物繊維の多いものを始めに食べるようにします。では、順番を変えるだけで、なぜ太りにくくすることができるのでしょうか? 先に甘いものやごはんなどの炭水化物、つまり糖質をを多く含んだものを食べると、体内のインスリンが大量に分泌されて、食べ物が吸収されやすい状態を作ってしまいます。特に脂肪などがどんどん体内に吸収されて、同じ食事を摂ったとしてもたくさんのエネルギーを摂取してしまうことになります。 インスリンとは食事をした時にすい臓から出るホルモンのことで、ごはんなどの炭水化物から食べていくと、すい臓から大量にインスリンが分泌されます。インスリンが大量に分泌された状態では、ごはんの中に含まれる糖質をどんどん脂肪へと合成していき、合成される脂肪の量が増え、この脂肪が体に吸収され太ってしまうということになります。

インスリンを大量に分泌させないために

それでは、インスリンの分泌を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?インスリンの分泌を抑えるには、食物繊維を多く含んだサラダや副菜などを先に摂取する食事の方法が良いとされています。 食物繊維を多く含んだものから先に食べると、消化管などから吸収される糖の量を抑え、インスリンの分泌を抑えることができるようになります。食事の順番を変えるだけでできる簡単な方法なので、毎日の食事の際に気をつけていれば、ダイエット効果が期待できます。 どうしても食事の順番を変えたくない方には、食物繊維の多いものを1品加え、先にその品から食べていくという方法がオススメです。 また、最近は難消化性デキストリン(食物繊維)を含んだお茶なども発売されていますので、ごはんの前に一杯、食事の際に一杯と飲みながら食事をされると糖の吸収を抑えられるので、ダイエット効果の高い食事をすることができますよ。