摂取カロリーを抑えて効果的に

マイクロダイエットは1食あたり−約180kcalなので、通常食と置き換えることによって摂取カロリーを抑えることができます。通常の食事がだいたい600〜1200kcalだと言われていますので、差分としておにぎり2〜3個分以上のカロリーが無くなります。これを運動することによって消費カロリーを増やすとなると、およそ1時間ぐらいのランニングが必要になります。毎日こんなた大変な運動を続けるというのは大変ですよね。そういう理由もあってか低カロリーの食品に置き換えるダイエットは流行しています。他にも似たような低カロリー食品が数多くありますが、基本的なしくみは同じだと言えます。例えばクッキーやぞうすいなどのタイプも販売されていますが、1食あたりのカロリーはおよそ100〜300kcalの間になるように作られています。

糖分が入っているから体調不良になりにくい

もう1つの大きな特徴はきちんと糖分も配合されているということです。低炭水化物ダイエットという言葉を耳にされた方も多いと思いますが、ごはんやパンなどの炭水化物をできるだけ取らないで行うダイエット方法です。炭水化物は身体にとって必要なエネルギーですが、血中に過剰に存在していると脂肪として蓄えられるようになり体重が増える原因となります。そこで、血中の糖分を下げることで身体の脂肪を分解を促進し減量しようという考えが低炭水化物ダイエットです。しかしながら、身体の中に糖分が無くなると頭がぼーっとします。脳は血中の糖分しかエネルギーとして使えないので、体調が優れなくなることもあるようなので自己流で行う際には注意が必要です。その点、マイクロダイエットにはきちんと適切な糖分が入っており、体調の乱れを気にすることなくダイエットを続けることができますよ。